家財保険とは

家財保険は火災の際に洋服や家具あるいはテレビなどが焼失してしまった際に損害を補償保険です。一般的には火災保険と呼ばれています。火災保険を契約する際、建物と家財は別々に契約することになっています。一般的に建物は火災保険に加入している人は多いと思います。それに対して家財保険に加入している人は建物の火災保険に比べると加入者は少なくなります。

家財保険の補償内容

家財保険はどんな場合に補償されるのでしょうか?一番分かりやすいのが火災の際ですよね。その他には爆発や盗難あるいは風・ひょう・雪災害や水濡れなどの場合にも補償されます。また、落雷による損害も補償されます。最近では類焼損害を賠償する特約が付帯できる家財保険も多くあります。また、地震の際には特約として地震保険に加入しないと補償されません。

家財保険の取扱

家財保険は損害保険会社と共済が取扱をしています。三井住友海上や損保ジャパンあるいは東京海上日動やあいおい損保そして日本興亜損保などが損害保険会社です。また、通販のアメリカンホームダイレクトなども家財保険の取扱をしています。大まかな補償内容は各社補償は変わりませんが、細かい特約などは損保会社それぞれ違います。加入の際には見積もりを何社から取り寄せて保険料ならびに補償内容を細かく比較することをお薦めします。

共済の家財保険

共済の家財保険は掛け金の安さで人気です。一言で共済といっても全労災、県民共済(都民共済、府民共済)そしてJA (農協)共済などがあります。全労災の家財保険は特に人気です。人気の理由は保険料の安さではないでしょうか?また、窓口だけでなくコンビニや郵送などでも申込が可能です。家財保険の保険料を抑えたいという方には手軽で簡単に申込が出来る全労災がおすすめです。

三井住友海上の家財保険

三井住友海上の家財保険も人気の火災保険の一つです。三井住友海上をはじめ損保ジャパンや東海日動火災などで家財保険に加入する際にはプロ代理店で加入することをおすすめいたします。火災保険はしっかりとした代理店で加入しておかないと保険の掛けすぎや不足などが生じる可能性があります。万一の際に補償が不足したなんてことがないように家財保険だけでなく建物の火災保険に加入する際にもしっかりと打ち合わせをして加入しましょう。

家財保険保険料

家財保険の保険料は保険会社あるいは共済会社によってそれぞれ違います。また、建物の構造によっても違います。一般的にいって木造の建物より鉄骨やコンクリート造りの建物の方が保険料が安くなります。また、建物の火災保険よりも家財の火災保険の方が保険料は高くなります。損害保険会社と共済会社の保険料を比較すると全労災や県民共済のような共済の方が保険料が安い傾向にあります。

家財保険の比較

家財保険を比較する場合、何を基準に比較しますか?保険料ですか?それとも家財保険の補償内容ですか?保険料で比較する場合は全労災と県民共済を比較してみてはいかがでしょうか?ただし、県民共済は47等道府県にすべてあるわけではないので注意が必要です。家財保険の補償内容で比較する場合はやはり損害保険会社の方が特約などが充実していますので、気になる保険会社から見積もりを取り寄せて比較してみることをおすすめ致します。

県民共済の家財保険

県民共済の家財保険も人気の家財保険です。保険料が安いことでネットでの口コミ評判も高いですね。加入の際には県民共済の窓口に出向くかあるいはインターネットで書類を取り寄せての加入も出来ます。ただし、鳥取県や山梨県や兵庫県などでは県民共済がありませんので加入したくても加入できないです。